MENU

身体がむくみがちで疲れやすい方におすすめの漢方薬とは?

むくみに効く漢方について

 

冷えのぼせという症状について、
お聞きになったことがおありでしょうか?

 

特に、更年期の女性が悩まされやすいと言われていますが、
最近では更年期ではない女性や男性でも冷えのぼせという
辛い症状で悩んでいる方は増えているようなんです。

 

そのような更年期に出やすい症状が出ると、
むくみがひどくなったり、疲れやすいといった
その他の症状もひどくなります。

 

更年期という言葉をよく使うことがありますが、
具体的にどのような時期を指す言葉なのでしょうか?

 

更年期って?

 

むくみに効く漢方について

 

更年期とよく耳にしますが、更年期とは
具体的にどのような期間なのでしょうか?

 

症状の個人差はありますが、
誰もが経験するものだと言われているので、
正しく知っておくことは役に立つでしょう。

 

更年期というのは、月経がこなくなる、
つまり閉経の時期を中心としたその前後の約10年間の時期です。

 

閉経の年齢にも個人差があるので、
更年期にも個人差があるというわけですね。

 

日本人の女性の場合、50歳くらいで閉経する方が
多いと言われていますので、平均的には
45歳から55歳にあたる時期が更年期と言われます。

 

ですから、40代の方であればほとんどが
更年期に差し掛かっていると言えます。

 

更年期に入ると冷えを感じたり、
疲れやすいと感じることがあります。

 

また、体がむくみやすくなったと感じている方も多いようです。

 

むくみや疲れを軽減するには?

 

むくみに効く漢方について

 

そのような辛い疲れやむくみといった症状を軽減するには、
どのような対策を行えば良いのでしょうか?

 

いろいろな方法がありますが、
その一つに漢方薬を使うという方法があります。

 

漢方は副作用の心配が少ないので安心です。

 

今回は、むくみや疲れやすいということでお悩みの方に
ぴったりの漢方薬
をご紹介します。

 

おすすめ漢方

 

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

 

むくみに効く漢方について

 

この防已黄耆湯という漢方は、
体の中の余分な水分を取り除いてくれる働きがあるので、
むくみを取るのにぴったりです。

 

また、疲れやすいという方にも体の消化吸収を助けてくれ、
全身の健康機能を高めるという効果が期待できるので
おすすめです。

 

むくみと疲れやすいという症状に
ぴったりの漢方薬と言えるでしょう。

 

八味地黄丸(はちみじおうがん)

 

むくみに効く漢方について

 

特に、下半身がむくみやすいという方に効果的な漢方です。

 

また、疲れやすい方や下半身のだるさを抱えている方にも
効果的です。

 

更年期以外にもむくみや疲れやすい原因がある?

 

むくみに効く漢方について

 

むくみや疲れやすいといった症状が同時に出る場合、
更年期が疑われますが、重大な病気の
サインであるということも考えられます。

 

長く続く場合は、一度病院を受診すると良いでしょう。