MENU

辛い冷えのぼせが原因でむくみも出る?効果的な漢方とは?

むくみに効く漢方について

 

辛い冷えのぼせには、具体的にどのよな症状があり、
そのような改善法があるのでしょうか?

 

今回この記事では、そのような点について、
調べてまとめてみました。

 

冷えのぼせで悩んでいるという方、年間を通して
冷え性が辛いと感じている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

辛い冷えのぼせとは?

 

むくみに効く漢方について

 

年々、悩まされている方が増えていると言われている
冷えのぼせとは、何でしょうか?

 

冷えのぼせという症状は、手足など末端は冷えているのに
顔や体の中心がほてって暑く感じるという状態、
つまりのぼせている状態です。

 

一つの体の中で、冷えとのぼせが混在しているというわけです。

 

冷えのぼせの場合、手先や足先は末端冷え性に近い状態ですから、
むくみという症状もひどくなります。

 

むくみは見た目的に良くないだけではなく、
実際だるさや重さを感じさせるので、
なんとかしたいと思いますよね。

 

ではそもそも、なぜ冷えのぼせが起きてしまうのでしょうか?

 

なぜ冷えのぼせになる?

 

むくみに効く漢方について

 

むくみも伴う冷えのぼせというと、
冷えが深刻とは感じにくいのですが、実は冷えのぼせは
冷え性が加速し、重篤化している状態のことなんです。

 

人間の体温を調整している機能は、自律神経という部分です。

 

人間は本能的に、手先足先が冷えたとしても頭部や体幹部分など、
大切な臓器が入っている部分は冷やさないようにするという働きを
持っています。

 

冷え性になると、手先足先に冷えを感じるようになりますが、
頭部は冷やさないようにと、自律神経が活発に働くために、
温度差が大きくなってしまうんです。

 

それで、自律神経がうまく働かないと
冷えのぼせという症状が起こりやすくなります。

 

末端の冷えが改善されないため、むくみやすくなりますが
顔は暑くなってしまうので、
どう対処して良いか分からないという方も少なくないんです。

 

むくみなどの症状を伴う冷えのぼせを改善するためには、
漢方が効果的です。

 

では、具体的にどのような漢方を使うと良いのでしょうか?

 

むくみや冷えのぼせに効く漢方

 

温経湯(うんけいとう)

 

むくみに効く漢方について

 

この漢方薬は、顔がほてるにもかかわらず他の部分が冷えやすい、
というまさに冷えのぼせの症状に効く漢方です。

 

さらに、ストレスなどがある場合、
神経をリラックスさせる効果もあります。

 

それで、むくみや冷えのぼせに悩んでいる方に多い
自律神経の乱れも、整えてくれる効果が期待できる漢方です。

 

五積散(ごしゃくさん)

 

むくみに効く漢方について

 

下半身が冷えてむくみがちで、上半身がのぼせるという方に
効果的な漢方薬です。

 

腹痛や腰痛があるときや、頭痛・吐き気などを伴うときにも
効果的な漢方薬と言われています。